外壁塗装の効果とメリットとは?種類別に詳しくご紹介 | 入間・所沢・狭山市の足場工事、外壁塗装なら成心仮設

04-2968-7246受付時間 平日8:00~18:00
04-2968-7246 04-2968-7246

ブログ

ホーム > ブログ > 外壁塗装の効果とメリットとは?種類別に詳しくご紹介

外壁塗装の効果とメリットとは?種類別に詳しくご紹介

2021/01/13

外壁塗装の効果とメリットとは?種類別に詳しくご紹介

外壁塗装をするということは、見た目の部分だけではなく、快適な生活を送るために確かな効果があります。家があたりまえのように変わらず快適な住心地をキープできているのは、外壁塗装による効果といっても過言ではありません。そこで今回は、外壁塗装の効果やメリットについてご紹介します。

断熱・遮熱効果

住み良い家の条件には快適性があるかと思いますが、それを決めている要素のひとつが室内温度です。どれだけ間取りや内装が素晴らしいものであっても、寒暖を感じてしまうと落ち着いて過ごすことはできません。そんな室内温度を調整するうえで重要なポイントとなるのが家の断熱・遮熱効果です。

断熱効果といえば天井や壁内部にある断熱材によるものであると思われている方が多いかもしれませんが、外壁塗装もその役割を担っています。外壁そのものだけでは外気をシャットアウトすることは難しいので、断熱材によってそれをカバーしています。しかし、それは外壁を通り抜けた温度をブロックしているだけに過ぎず、本来であれば外壁の部分でブロックできることが望ましいのです。

外壁塗装によって、外気からの影響をブロックすることが可能となります。使用する塗料のなかには遮熱効果が備わっているものがありますので、建物の外壁全体に塗布することによって塗料がバリアとなってくれるのです。外気の影響を受けなくなることによって、室内の冷暖房の効果が効率的となります。また、各部屋同士の温度差も少なくなりますので、快適性が向上することは間違いありません。

防水効果

外壁は常に雨風にさらされた状態となります。通常の雨や風だけでなく、台風や雪に関しても直接的なダメージを受けるわけです。

防水効果が弱いと、雨漏りをしてしまったり、浸水してしまう恐れがありますので、安心して暮らせる住まいには防水性能は必須といえるでしょう。また、ただ単にすべての水分をブロックしてしまうと結露の原因になってしまうことがあります。水分は防ぎつつ、湿気は通す透湿性が重要なポイントなのです。

外壁塗装による防水効果ですが、経年によって劣化していってしまいます。当然のことではありますが、注意しなければなりません。はじめのうちは艶もあり、効果も十分ですが、しだいに艶が失われていってしまいます。これが防水効果低下のひとつの目安となるのです。そこから次第に外壁の撥水効果や湿気を帯び始めるなどの変化が見受けられるようになります。

その結果、クラックと呼ばれる小さなひびなどが生じ始めるようになると、いよいよ防止効果がほぼなくなった状態となるのです。さらにそのまま放置してしまうことによって、その影響は外壁だけでなく内部にまで影響してしまいます。家内部が劣化してしまうと修繕が非常に大がかりになってしまいますので、予兆が見受けられたタイミングで塗装をし直すようにしましょう。

耐久・耐震効果

日本は世界各国のなかでも地震の発生率が高い国として広く知られています。阪神淡路大震災や東日本大震災などがどれほどの悲惨な結果を招いたのか、我々の記憶に深く刻み込まれていることでしょう。地震にも震度の違いがありますので、新築から地震による影響を何度受けても倒壊しにくい家造りというものが必要となるわけです。多少の揺れであれば安心して室内にいられるような住まいは理想的でしょう。

外壁塗装には耐久性を向上させる効果があります。基本的には屋根部分に対して耐久性の優れた塗料を使います。それは太陽の日差しをはじめ、雨や雪などの影響を受けてしまう屋根部分が最も傷みやすい箇所であるからです。

外壁塗装に用いられる塗料にはいくつかの種類がありますので、それぞれ耐久性など特徴があります。使用する以上はできる限り耐用年数の長い塗料がいいと思ってしまいがちですが、その場合コストが高くなってしまうという面もありますので、耐久性を重視しつつ総合的に考える必要があるでしょう。

また、立地も考えなければなりません。たとえば海に近い位置に建てられた家の場合ですと、潮風の影響を少なからず受けやすくなります。建物に対する塩害というものが存在しますので、潮風などの影響に対して耐久効果に期待できる塗料を使用することが、何よりも耐久性を高めることになるのです。塗料そのもの耐用年数だけを気にしすぎてしまうことがないように注意しましょう。

外壁塗装の必要性

外壁塗装の必要性ですが、先述の効果を考えると大いにあるといっても過言ではありません。外からの影響から家を守るのは外壁の役割ですが、その外壁の防御力を高めるのが外壁塗装の役割となります。外壁がダメージを受けたり経年劣化によって性能ダウンしてしまったりすることで、家そのものが危険にさらされることになります。リフォームなどによって回復させることは可能かもしれませんが、ダメージの度合いによっては大がかりになりますし、何より劣化はできるだけ避けるべきものです。

外壁には耐用年数がありますので、いつまでもその効果を発揮するためには定期的に塗り直す必要があります。費用は発生してしまいますが、外壁塗装を改めて行うことによって、塗料による保護性能はもと通りになります。もと通りの性能を取り戻そうとすると、他の部分であればそれなりの工事が必要になってしまうでしょう。ところが、塗装であれば塗り直すだけでいいので、非常に気軽にできますし他にはない塗装の魅力でもあるのではないでしょうか。

まとめ

外壁塗装は家にとってはなくてはならない存在です。室内で快適に過ごせるのも外壁塗装の効果によるものですので、定期的なメンテナンスもしっかりと怠らないように気をつけましょう。「株式会社成心仮設」では、埼玉・東京・神奈川エリアを中心に外壁塗装工事も承っております。ぜひお気軽にご相談ください。

>外壁塗装・屋根塗装工事ご相談はこちらまで

関連記事

お見積り、ご相談等、お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

04-2968-7246受付時間 平日8:00~18:00

Webでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ